くるるん日記
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< アルファルファ | main | やまぶしたけ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
パズル・パレス読了
 やっと、読み終わりました、 パズル・パレス 読書

 私的には、やはり 「ダヴィンチ・コード」 の方がお勧めですが、面白かったですラッキー
 「ダヴィンチ・コード」を読んだ時も思ったんですが、英語って面白いですよねYES!

 一つの単語に、幾つもの意味が含まれていて、文字をちょっと並び替えるだけで、全く別の単語になってしまったり…。

 そんなに、色々な意味があって、普段の生活の中で、よく会話が成立するなぁびっくり

 そうそう、下巻の帯に 暗号 がありました。

 「もしかして、本編に何かヒントが?」 と期待しながら読んでいたのですが、全然分からないですポロリ






| permalink | comments(6) | trackbacks(4)
スポンサーサイト
- | permalink | - | -
この記事に対するコメント
 はじめまして!
 私もTBさせて頂いちゃいました(^▽^)
 今から、次のラングドンシリーズが待ち遠しいですね。
 
くるるん | 2006/04/16 10:35 PM
この記事に対するコメント
こんにちは、はじめまして。
TBさせていただきました。

私もくるるんさんの意見に同感。
おもしろかったけど、ダヴィンチコードの方が
よかったような・・・
azul | 2006/04/16 6:59 PM
この記事に対するコメント
読んで、ぜひ感想聞かせて下さい(^▽^)
私も、今度、iさんのサイトで面白そうな本を見つけたいと思います♪
くるるん | 2006/04/14 10:32 PM
この記事に対するコメント
最近は、福井晴敏のOPローズダスト、松岡圭祐の千里眼シリーズと、ハードな作品が続いたので、恋愛ものにどっぷりハマりたくなる感じもします(笑)
翻訳はずっと読んでなかったけど、是非読んでみますね〜。
またきまーす(^.^)/~~~
i | 2006/04/14 12:41 AM
この記事に対するコメント
 パズル・パレスはダン・ブラウンのデビュー作らしいですよ。
 私は、ダヴィンチ・コードの方が、謎解きがイッパイ出てきて好きです!初めて読んだ時、何て言うか、とても衝撃を受けました。
 パズル・パレスはちょっと恋愛モノっぽい要素がありました。ダヴィンチ・コードを読んだ後だと、やや物足りなさを感じます。
くるるん | 2006/04/13 12:44 AM
この記事に対するコメント
パズル・パレス という本は知らなかったですけど
ダヴィンチ・コードは読もうかな、どうしようかな
と悩み中です
お勧めですか?
i | 2006/04/12 11:39 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kururun.jugem.jp/trackback/82
この記事に対するトラックバック
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2007/07/21 7:11 PM
ダ・ヴィンチ・コード。 小説は大ベストセラー、5/20 には映画が全世界同時公開された話題作です。 文庫化もされた事だしと、ようやく手に取ってみました。 上中下の3巻。 久しぶりの翻訳本、プロローグは若干辛く、、上巻後半になってようやくテンポがあがってくると
ダ・ヴィンチ・コード | 読書の備忘録 | 2006/05/22 12:40 AM
春休みの旅行中にダン・ブラウン氏の「デセプション・ポイント」を読みました。左の写真のように本には「日本最新刊」とありますが・・・アメリカでは2001年発売です。ちなみに、4月4日に氏のデビュー作である「Digital Fortness」の日本語版「パズル・パレス」が
ダン・ブラウン 「デセプション・ポイント」 | Tadashi's Diary | 2006/04/17 10:56 AM
パズル・パレス (上)      パズル・パレス (下) 作者: ダン・ブラウン 出版社/メーカー: 角川書店 発売日: 2006/04/04 メディア: 単行本   「ダ・ヴィンチ・コード」著者のダン・ブラウンのデビュー作。やはり、暗号をベースとしたミステリーです。 「ダ
パズル・パレス | 今日も無事に一日を過ごせたことに感謝! | 2006/04/16 6:54 PM