くるるん日記
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
| main | 宝くじ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
邦画もいいなあ…
 この前、久々に映画を見に行きました。 『ALWAYS 三丁目の夕日』 です。

私の個人的な好みから言わせて頂ければ、洋画の方がすきだし、邦画はあまり見ないのですが…。
 最初は知り合いの人と一緒に見に行く予定だったのですが、別の用事ができてしまい、会社帰りに一人で見に行きました。知人は「いい映画だった」と褒めちぎっていましたが、私はあまり期待せずに見に行きました。
 
しかし!本当にいい映画でした拍手最近で最も感動した映画です!見ている途中、何度かグッとくるシーンがあって涙が溢れてきました。何度もグスグスいってるのが恥ずかしかったので密かに「一人で来て良かった」と思ってしまいました。映像も綺麗で、合成と分かるのですが丁寧な仕上がりでした。あれは映画館まで見に行った価値があります。あ〜良かった。





映画 | permalink | comments(0) | trackbacks(7)
スポンサーサイト
- | permalink | - | -
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kururun.jugem.jp/trackback/3
この記事に対するトラックバック
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2007/06/10 11:34 PM
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2007/06/02 11:21 AM
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2007/05/19 11:57 PM
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2007/03/11 6:26 AM
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2006/10/03 12:04 AM
最近映画館で号泣した邦画「ALWAYS三丁目の夕日」。コミックでも読んでいましたが、また一味違った設定で、古きよき時代を存分に感じさせてくれました。そういえば私が生まれ育ったのもこんな下町でした。 物語は、六子が田舎から集団就職のために上京してくるところ
ALWAYS 三丁目の夕日/山崎貴 | 文学な?ブログ | 2006/06/04 9:10 PM
携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう。 ■監督 山崎 貴■原作 西岸良平 ■キャスト 堤 真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子、掘北真希、須賀健太、小清水一揮、もたいまさこ、三浦友和□オフィシャルサイト  『ALW
『ALWAYS 三丁目の夕日』 | 京の昼寝〜♪ | 2005/12/17 12:41 AM