くるるん日記
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 健康第一 | main | 千里眼とニュアージュ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
Amarantine
 エンヤのアルバム アマランタイン 買いました。
 
 しばしばヒーリングミュージックとして取り上げられていますが、まさに  という感じでしたニコニコ
 かつて、エンヤは英語を話すことができなかったが、英語の歌を歌いたくて、勉強したと聞いたことがあります。

 確かに英語の音声って、滑らかで美しいと私も思いますラブ
 
 歌声も幻想的で、心がゆったりと落ち着きます。

 夜、寝る前に聴くと、グッスリ眠れそうですラッキー




音楽 | permalink | comments(3) | trackbacks(4)
スポンサーサイト
- | permalink | - | -
この記事に対するコメント
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2007/02/26 8:10 PM
この記事に対するコメント
"Amarantine"をリリース日にゲットしました。
これまでの作品に比べると自然や人間の心を超越した崇高さが感じられます。
"The River Sings"はトヨタカップの公式テーマソングとして使われていますね。
エンヤとしては激しい感じで躍動感があります。滝のイメージがします。
"Sumiregusa"は初め、まさか日本語とは思っていませんでした。
J-Popのような言葉が分かりすぎる煩わしさが全く感じられませんでしたから。
昨年のPanasonicのVIERAのCMに出てきたときよりも一層厚みを増しましたね。
エンヤとしてはあのままではちょっと物足りないと思ったので、あの後手直ししたのでしょう。
"Amid The Falling Snow"は冬に聴くとピッタリですね。心が温まります。
今回はゲール語の曲はありませんでしたが、ローマが考えた架空の言語"Loxian"の歌が何曲か入っていました。
トールキンのエルフ語の影響を受けて作ったのです。
WildChild | 2005/12/20 7:34 PM
この記事に対するコメント
はじめまして TBありがとう

エンヤのアルバムを買われたのですか?
とても素敵な歌声で良いですね。
また、ぜひお越し下さいね♪
miki | 2005/12/10 10:36 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kururun.jugem.jp/trackback/17
この記事に対するトラックバック
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2007/06/10 11:38 PM
What a day What day to take to What a day What a day to make it through What a day What a day to take to a wild child   これはエンヤのナンバー"WildChild"の歌詞です。   訳せば、     "なんていう一日かしら やり過ごすのが大変な一日    
Wild Child | MY QUILT GALLERY | 2005/12/20 7:33 PM
「AMARANTINE / アマランタイン」/エンヤ  asahi.comの記事の中に「クリスマスを盛り上げる曲特集」というのがありました。 その中のアルバムの1枚に、このエンヤの「アマランタイン」も取り上げられていました  そもそも彼女の音楽と彼女の声は以前
「AMARANTINE / アマランタイン」/エンヤ | 京の昼寝〜♪ | 2005/12/16 12:55 PM
久しぶりにエンヤのアルバムがリリースされたので買いました。 神様にも聴かせたい
アマランタイン*Enya♪ | piano lesson | 2005/12/10 10:32 PM