くるるん日記
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< むかし僕が死んだ家 | main | 幻夜 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
嘘をもうひとつだけ
 短編集だとは知らずに読み始めてしまった。
 
   嘘をもうひとつだけ
   冷たい灼熱
   第二の希望
   狂った計算
   女の助言
 短編集なんだ…と思って読んでいたら、全編加賀刑事の事件簿のような話だった。

 犯人の心の中が描かれている際にも客観的で、犯人よりも刑事の方が被害者のことについて詳しく知っていたりするので、初めのうちは犯人は別に居るのではないか…と思ってしまったりもする。

 それぞれに、ちょっと意外な動機があって犯人にも感情移入してしまいました悲しい


| permalink | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | permalink | - | -
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kururun.jugem.jp/trackback/114
この記事に対するトラックバック