くるるん日記
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 怪笑小説 | main | 嘘をもうひとつだけ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
むかし僕が死んだ家
 初めて題名を見た時は、「どういう意味?ひやひや」と思ってしまった。

 でも、ちょっと推理モノっぽい感じがして、すらすら読み進めました。

 
 少しずつ、過去の出来事が明かされていく段階が興味をひかれて楽しめました。

 お陰で、登場人物が少ないのに、退屈せずに読める本です。

 でも、私が沙也加だったら、もっと早く他に自分の過去を知る方法を考えるけどなぁ〜とか思ってしまった。

| permalink | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | permalink | - | -
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kururun.jugem.jp/trackback/113
この記事に対するトラックバック